0
    たまには、余談ですが・・・?

    社会に出てからは、ずうっと労働中はレディオ派だったのですが、
    最近、CDを気軽に聞ける環境・・・
    というか、作業ブース内に小型スピーカーを設置したので、
    ちょこちょこ古いCDを引っ張りだしては
    作業の傍ら、音楽を楽しんでおります。

    そこで選んでしまうのは、
    10年以上前やら20年前ぇっ!?
    に買った中から60〜70年代ロックが大半です!

    ジミヘンやらツエッペリンやらで、
    今でこそ分かる良さ&凄さがあったりで。



    ここ数日は、ジミヘンな気分なのですが、
    買った当時は、ふ〜ん・・・程度だったのですが、
    今は、聞いてると体がヒクヒクして堪りません!

    ツエッペリンも然り。



    この辺の人たちは、現代音楽の型には当てはまらず
    ちょっと頭おかしいんだろうなぁ〜、とつくづく思います。

    才能ある人たちが集まって好き勝手やれば
    天才と呼ばれる作品が出来る時代の音楽です。

    現代のデジタルで、ガチガチに固め、誤魔化した音楽界じゃ
    いくら頑張っても天才と呼ばれる作品は生まれないだろうなぁ〜。
    なんて良く考えます。
    他のジャンルでもあてはまりますね。

    ちょっと小耳に挟んだ話ですが、
    若手女性ミュージシャンのレコーディングで
    プロデューサーとして奥田民生が参加した時に、
    タイミングが若干ずれてしまった事を謝ると
    奥田民生「バンドなんだからズレていいんだよ!ビッタリの方がオカシイ!」
    と逆に怒られたそうな。

    カッチョイイじゃん、さすが民生ちゃぁん!!

    なんて長々と古きを語ってみた反面
    現代音楽の「サカナクション」にもハマってます!



    明日は横浜ホットロッドカスタムショー!
    色んな人に、会えたらいいなぁ〜。


    コメント
    コメントする








       
    この記事のトラックバックURL
    トラックバック

    2011年5月に埼玉県川越市からさいたま市にペイント工房を移転しました。 詳しくはプロフィールページをご覧下さい。

    qrcode

    recent comment

    みんなのブログポータル JUGEM